防災の備え

 災害発生時、停電、断水やガスなどのライフラインが停止となり、また避難所に物資が届くまでに時間がかかるため、様々な問題がおこります。

 避難所へ避難しなくても自宅で安全な場所へ避難して避難生活を送ることも考えられます。仮にライフラインが止まっても、ある程度の期間地力で生活できるよう、普段から飲料水や非常食を備蓄しておく必要性が大事になります。

​準備を心がけましょう

準 備

ゲリラ豪雨による水害や、東日本大震災の余震などで幾度となく防災の必要性を感じることが多く発生しています。

備えとして、自宅周辺などの危険性はどれくらいあるのか。例えば仙台市が発行している「ハザードマップ(各種災害の危険予測地図)」などを元に確認や事前の準備の準備が重要です。

避 難

災害発生時、停電、断水やガスなどのライフラインが停止となり、避難所へ避難が必要になる場面が想定されます。避難する際に最低限のものを備えておくことは必要で、「非常持ち出し袋」はおすすめです。ひとつひとうつ揃えるのは大変ですが、それをまとめているのを最近ではネットで買うことが出来ます。

備 え

 災害発生時、停電、断水やガスなどのライフラインが停止となり、また避難所に物資が届くまでに時間がかかります。仮に避難せず自宅を避難場所にする際は、最低限の水や食料は自宅に備えておくことは必要です。

​「」や「食料」は必ず備えておきましょう。

​非常時は落ち着いて!

防災の備えをしていても、急な災害は動揺してしまうものです。

心をできるだけ落ち着かせ、冷静な行動をとるようにしてください。

​大切なのは落ち着いた行動をとることです。